旅する日本語教師けいちゃん 〜旅編〜

旅をしながらただ日記を書く。

日本語学習歴半年越えのクラスで新たな試み

どうも、前野です。

 

今日は授業が3つありました。

 

・N3クラス

・子供クラス

・24課終了のクラス

 

です。

 

今回共有するのは一番下のクラス。

みんなの日本語24課を学習したクラスです。

昨日24課の文法の学習を終え、もうすぐN5出題の文法範囲を終了しようという、僕の日本語学校の中でも3番目に進んでいるクラスです。

 

今日のメンバーは3人。14歳、17歳、27歳と年齢はバラバラです。

 

昨日ベトナム人の先生に生徒から提案があったらしく、カフェで会話をしたいという話があったので、ものは試しということで雰囲気を変えて、カフェで授業を行うことに。

 

ハイバーチュン通りのcoffee houseというおしゃれなカフェにお邪魔します。

 

ここはベトナム名物エッグコーヒーもあるお店です。

 

f:id:keimaeno2:20171214064903j:image

 

 

このクラスの二人は写真や動画に映るのが嫌だというので、写真はありませんが、ご了承ください。

 

 

僕のこのクラスでの課題はこうだと考えています。

 

 

【知識は十分にあるが、それを生かしているほどなかなか話してくれない】

 

です。

 

日本語勉強歴は半年以上のこのクラスにいるということは、 1000が以上の語彙を学習していることになります。

 

これは1課に対し、新出単語が40〜50あることから計算しただいたいの値です。

 

日常会話に必要な英単語は3000語と言われるので、語彙が1000あれば日常会話で使う言葉の3分の1は網羅していると言っていいのではないでしょうか。

 

 

それだけの言葉を知っていればたいていのことは話せるし、普通の会話はできるはず。それができないということは、それは知識不足ではなく、マインドの問題。

 

日本語を話すことに対する恥や慣れや自信の問題と捉えました。

 

実際そのクラスの子達はベトナム人には珍しく(?)引っ込み思案の生徒が多い。

 

 

つまり人と話すことに対するメンタルが弱いことになります。普段の友達やベトナム語であれば違うかもしれませんが、話すことの慣れない日本語かつ、普段の友達よりは付き合いが短い日本語教師ではそうなる気持ちもよくわかります。

 

 

僕たちが英語のネイティブに対して億劫になるのと同じ感情です。

 

その解決策として、カフェはいい案だと僕は思いました。環境が変わって教室の硬い「勉強」という雰囲気ではなく、カフェのラフなリラックスできる空間、しかもおしゃべりをする場になるわけですから、教室よりも緊張はほぐれるはずと思ったのです。

 

 

なのでこれには大賛成。ということでカフェに移動しました。

 

 

今回の授業内容は

 

・復習

・フリートーク

 

以上です。

 

 

文法を覚えているかのチェックを軽く済ませ、あとはフリートークをひたすらし続ける。

 

ちょうど新しい日本人の先生も来ていて、初対面だったので自己紹介から入り、自由に話していくようにしました。

 

フリートークなので何を話したかはあまり覚えていませんが、たわいもない話がほとんどだったと思います。好きなアニメの話であったり、日本の温泉についてやメイド喫茶の話とか、やくざの話をしたりしました。

 

 

率直な感想としては、フリーターください話してくれる量は増えたんですが、やはり変わらずこちら発信でないとなかなか日本語を発してくれないことは同じだった印象です。3人の話題も合わず、それぞれの好きな話題に対して僕ら日本人が答える間、他の人は会話に入れないという時間が続いたりする。これでは会話の連鎖反応が起きない。なかなか難しい状況です。これでは先生の負担が大きいままで、いいことがあまりない。

 

生徒から先生に話したいと思ってもらって話しかけてもらわないと会話として成立しないし、いざ彼らが日本へ行って日本語を話す時に話しかけられない状況も少し想像できてしまう。

 

 

でもこれは子供クラスの変遷と似ていると思っていて、最初は言うこと聞いてくれなかった子達と仲良くなったおかげで懐いてくれて話しも聞いてくれるようになった。

 

 

それの最初の過程と思えば、これからじっくり距離を縮めて人間関係、信頼関係を構築していけば徐々に自分を出してくれるようになるのではないかと思われます。

 

 

また生徒同士も仲良くなって貰う必要があります。生徒同士でペアワークをさせる機会も多いからです。また同じ日本語を学ぶ同志。同じ目的を持つ人たちなのだから、ここでなにか関係を作れたら相乗効果を作れるはず。

 

 

なので次の授業ではアイスブレイクを入れて、ベトナム人生徒同士仲良くなる機会を作ろうと思います。

 

 

 

本日も読んでいただきありがとうございます。

 

こちらのサイトで旅の情報発信をしています。

 

 

QUEST – 〜探求の旅〜

子供クラスの変化に驚く

どうも、前野です。

 

本日は子供クラスの授業がありました。

生徒は9〜13歳で学習歴は4ヶ月ほどからの子から途中から入ってきて1ヶ月ほどの子もいる混合クラスです。

 

f:id:keimaeno2:20171214060902p:image

 

今日の授業ではこんなことをしました。

 

・疑問詞5W1Hを教える

 

・疑問詞を使って質問を9つ考え、ビンゴ形式に書く。

 

・質問ビンゴ

(考えた質問9つを先生(日本人二人、ベトナム人二人)に質問し、答えをもらう)

 

・休憩

 

・ビンゴ(数字は日本語で言う)

 

 

少々コンテンツは少なめですが、遅刻してきた生徒がいて15分遅れで始まったことと元気が良すぎて指示通りに聞いてくれず、話を聞くまで待つ時間が入っているため、余分な時間は取られています。

ただ生徒は僕に特になついており、ベトナム語でも話しかけてきますし、「けいちゃんはイケメンじゃありませーん!」といじり倒してきます。

 

終始そのペースです。

 

抱きついてくる子もいるし、背中にのっかかってくる子もいるし、叩いてくる子も殴ってくる子もいます。

 

僕はそれは大変嬉しいことだと思っていて、他のクラスではうんともすんとも反応してくれない大人の生徒もいるのが事実。それに比べたら、意思を持って嫌なものは嫌、でもやる気あることには全力で取り組む姿勢を持つ純粋な子供たちは無限の可能性を秘めており、僕はその期待にぜひ応えたいと思わせられます。

 

 

毎日試行錯誤の連続。授業は水曜日と金曜日の週2日。その時間の前になると毎回その日のコンテンツをベトナム人の先生と考え、いろんなことを試しています。

 

難しいことを一切抜きにし、日本語を言えたら褒めて、拍手してハイタッチをする。日本語を言えたら褒められる。楽しいという感情を持ってもらえるように意識しています。

 

 

 

今までの授業では名詞、動詞、形容詞を一日5〜10個ずつカルタを交えて覚えさせてきました。子供の記憶力というのは素晴らしく、すぐに覚えます。ゲーム形式にすると喧嘩になるほどに熱狂します。その集中力は素晴らしいものだと思います。

 

そのおかげで単語だけでも日本語を発するようになってきました。この変化には自分の子供を育てているような感覚になり、目の前で起こる成長に感動します。

 

 

ひらがなも完璧ではないし、文法なんてない。でも単語でも日本語を発する子供たちは紛れもなく日本語を話しています。これは評価するべきことで、一切否定もしないし、直したりということもしません。ひたすら話したら褒めるし、興味を持って質問をします。

 

 

最初は全く上手くいかず、手を焼いてばかりいましたが、最近は信頼も上がってきたのか、話を聞いてくれるようになりました。

 

 

今回驚いたのはやってみようということで行った疑問詞を教えることでした。

 

 

f:id:keimaeno2:20171214062352j:image

 

 

そもそもこの子供クラスができたのは、通常の授業通りに椅子に座って大人しく文法を淡々と教えていくスタイルに限界がきて、全く話を聞いてくれなくなったからでした。

 

全てをゲームに置き換え、難しいことを一切無くして楽しいことだけをするようにしました。

 

 

しかし最近は語彙も少し覚えてきて日本語が話せることが楽しい感覚を少しわかってきたのでしょう。日本語で話してきたりするようになった。つまり新しい言葉を覚えて使える表現が増えることに対しての欲が出てきたと予測しました。

 

そこで今までは聞いてくれなかった、ただ教えるということを短い時間ですが、やってみようと思ったのです。

 

またこれは通常クラスの授業にも取り入れていくつもりです。

 

 

どうなるかわからないまま、机の前に座らせ、疑問詞を教えてみたのです。

 

そうしたらどうなったかというと、話を聞いてくれたのです!

 

 

話を聞いてくれ、なんで、いつ、だれ、どこ、なに、どんなという疑問詞を覚えてくれました!

 

 

6つだけではありますが、知らない単語を6つ覚えるのは大変なことだと思います。そしてこれを教えたことで質問の幅がぐんと広がります。つまり日本語を使える幅がさらに多くなるということです。

 

今まで教えた動詞や名詞を使って、「いつ  おきます  か」とか「なに  たべます  か」など、今までただカルタの材料としてしか覚えていなかった単語を初めて実用的に使えるようになったのです。

 

 

 

実はこれは偶然でした。もともと単語ばかりが増えていき、それの使い方を教えないと意味がないことに気がついており、それをどう教えたらいいかを考えていたときのことでした。たまたま疑問詞を思いついたのです。

 

 

教えたばかりの疑問詞をつかってどんどん質問してくるようになりました。

 

 

これは嬉しきことです。

 

上手くいったと思いました。今日の授業は良かったと思います。

 

 

これを使ってさらに質問ビンゴというゲームを続けて行いました。

 

 

f:id:keimaeno2:20171214063525j:image

 

 

これはどういったゲームかというと、質問を9つビンゴの形に書き、それを質問して答えをもらったら消していくというゲームです。

 

これでダブルビンゴになったらシールをあげるというものでした。これに対しても食いつきがすごく、ガンガン質問責めにあいました。

 

これは繰り返す価値があります。

 

 

これを反復すれば疑問詞を確実に使えるようになる。そう確信しました。疑問詞を使えれば、会話が成り立ちます。会話を作り出すことができます。

 

さらなる成長にワクワクしますね。

 

 

最後には普通のビンゴをしました。

 

これは数字の復習のためです。日本語の数字を言ってそれであけていく。ただそれだけです。

でもただ数字の日本語を教えても面白くないので、わざわざゲームという形を作って行いました。みんな99までの数字は覚えていることがわかって、安心しました。

 

 

今日の授業日記は以上です。

 

 

次回は

・疑問詞の反復

・新しい単語?

 

などを行うことを予定します。また考えていこうと思います。

 

 

 

こちらのサイトで旅の発信をしています。

 

QUEST – 〜探求の旅〜

 

路上4日目


どうも、前野です。


本日はホイアンの路上で書道販売をしました!4回目です。

 

 

f:id:keimaeno2:20171214053911j:image 

 


今日は21:30までスカイプでのミーティングがあり、夜遅くになってしまい、長い時間座っていることはできませんでしたが、1時間ほど座りました。ホイアンで有名なナイトマーケットの真ん中に陣取って、書を認めます。

 

路上販売というと、貧しい人がやるようなそんな嫌な印象がありますが、僕自身は楽しんでやっていて、1枚10000ドンという紙だけ前に置いておいて、自分の書きたい字、そしてポストカードや作品にしたい字を書いているだけなので、全く苦ではないです。むしろ楽しんでいます。

 

 

書き始めると周りの目などきにならなくなり、熱中してしまいます。

 

 f:id:keimaeno2:20171214053925j:imagef:id:keimaeno2:20171214053950j:imagef:id:keimaeno2:20171214053954j:imagef:id:keimaeno2:20171214053958j:imagef:id:keimaeno2:20171214054002j:imagef:id:keimaeno2:20171214054006j:image

 

 

 


こんな字を認めて写真に収めて、写真とどう組み合わせようかを考える。そんな瞬間を楽しむ。

 

 

今日作り上げた作品はこんなものです。

 

 f:id:keimaeno2:20171214054030j:image

 

 


彩という字とランタンを組み合わせたもの。

 

これは彩のある鮮やかなランタンを漢字で表したものです。

 

 

これも一つのアートと思っています。

 

これからも作品作りに励んでいきます。

 

 

こちらのサイトで旅の情報を発信しています。

 

 

 

QUEST – 〜探求の旅〜

ブログの紹介

どうも、旅する日本語教師前野圭祐です。

 

簡単に僕の自己紹介をさせていただきます。

 

プロフィール

 

f:id:keimaeno2:20171207092409j:image

 

愛知県出身。

23歳

名古屋大学大学院中退

ベトナム在住

夢は世界一周。

 

 

 

 

 

僕は1年前、愛知県、地元の名古屋大学の大学院に通っていました。理系の工学部でセラミックスという陶器の材料を研究しており、その材料を使って自動車工場のアルミを溶かすヒーターを新しく作ろうという研究内容で卒論を書いていました。

 

名古屋大学では理系のほとんどがそのまま大学院に進学し、修士を取ったあと就職するケースが多かったので、なにも人生のことを考えていなかった僕は、自分もそのルートを辿るんだと他人事のように考えていました。

 

なにも考えずにただ受かったところに就職し、時が来たら結婚して子供を持ち、定年まで勤めあげる、絵に描いたような普通の人生を歩んでいくのだろうと思っていました。

 

 

ある本との出会い

 

しかし、人生が変わる出来事は突然現れました。ある本をたまたま手に取り読んだことで僕の人生は劇的な変化を起こしました。

 

 

 

その本の名前は「世界一周しちゃえば?」という本です。

 

https://www.amazon.co.jp/WORLD-JOURNEY-高橋-歩/dp/4902256045

 

 

この本には世界一周の魅力がふんだんに盛り込まれていました。でもそれだけではありません。世界一周の行き方もわかりやすく書いてありました。

 

 

その本を見て一番思ったこと。それは「世界一周って意外にやすく行けるんだ」ってこと。

 

100万で半年回ることだってできる。それを知り、そしてそのとき僕は考えました。

 

人生のリスクを背負って全てを捨ててでも住みたいという国はない。だが行ってみたい場所なら無限にある。その行ってみたいところをすべてつないだら、一つの大きなやりたいことになる。

 

そう思いました。

世界の国の行きたい場所をちょこっとずつかじりとっていいとこ取りをしていくとそれが積み重なって一つの大きなやりたいことになる。

 

 

これが僕の旅への目覚めでした。

 

 

 

それから1年が経ち、大学院をやめることを決め、旅で食っていくことを決断し、退路を断ちました。

 

 

 

もう一つの大きな出来事

 

 

旅に出る前にもう一つ今の仕事に関わることになる大きなきっかけがありました。

 

 

それは武者修行プログラムと呼ばれる、海外インターンでした。

 

海外ビジネス武者修行プログラム

 

 

僕は2016年6月から半年ほど、世界一周団体TABIPPOが運営する学生団体に所属し、旅を広めるべく500人規模のイベントのプロジェクトリーダーをしていました。

 

[tabippo.net:title]

 

そこで僕は大きな失敗をすることになります。人と意見を交わすことが初めての経験で25人のスタッフの長を務め、その責任の重さに耐えきれなくなった僕は精神を追い込んでしまい、途中で脱退することになってしまいました。これは本当に僕の人生の中で最も凹んだ出来事であり、反省した出来事でした。

 

僕の甘さであったり、人としての、そして仕事を全くできなかった僕のレベルの低さを思い知らされ、最終的に逃げてしまうというとんでもないことをしてしまいました。僕の努力不足でした。

 

 

しかしそれから人が怖くなり、人と関わることからずっと逃げていました。鬱であり引きこもりになってしまったのです。

 

しかしそれも自分への言い訳であることを自分でわかっていました。

 

そんな僕が家の中で引きこもっている中で人生に絶望することまではありませんでした。それはなぜかといったら世界一周に出たい気持ちは少しも揺らぐことはなかったからです。

 

しかしそんな理想と今の最悪の現実というギャップがあり、いつかは変わらなければならない。そこへ戻らなければならないと思いながらも、殻にこもって逃げている自分がまた見えたとき、自分がさらに嫌になる負のスパイラルに陥っていました。

 

 

そこで見つけたのがこの武者修行プログラムの広告でした。フェイスブックで流れてきたその広告には、「君の変態を支援」と書かれていました。

 

 

このインターンはただ海外研修を経験するものではなく、自分を変えるものである。そんな文章がそこには書いてありました。

 

そこでこの環境に突っ込まなければおれはいつまでたっても変わらない。そう思った僕は不安もあり、怖がる自分もいながらその環境は無理やり自分を突っ込むことにしたのです。

 

 

そうやって3月に参加したベトナムでの2週間のインターンプログラムで、僕は見事に自分の人への壁を破ることができ、社会との関わりを復活させることができるきっかけを見出しました。

 

 

そこでさらに旅だけを目的にしていた自分の人生に、自己成長への貪欲な欲と面白さを見出しました。またインターンのチームに対してプロのビジネスマンがつき、指導してくれるその環境の中で、ビジネスって面白いんじゃないかということを少し知れた気がしたのです。

 

 

それから僕の人生の目的にビジネスが追加され、また自己成長への貪欲さも加えられ、その会社にずっと関わりたいと思うようになりました。

 

 

そして終わった後どうやって関われるかを考えていたとき、社長の山口和也さんから話を聞いたのが、日本語学校の先生でした。

 

武者修行プログラムの運営会社旅武者がベトナムにもつ侍日本語学校で先生を募集しているというのです。

 

 

2017年の春からもう旅に出るつもりであったし、普通の旅では経験できないこともどんどんしていきたいと思っており、しかもこの会社に関わり続けられると思った僕は、迷わずやります!と言い、今の先生生活に至ります。

 

 

 

まとめ

 

僕のプロフィールはこれで以上になります。

これからは僕の日々の日記、どんなことを考え、どんな生活を送っているのかを書いて行きたいと思っています。

 

よろしくお願いいたします。

 

8/16

f:id:keimaeno2:20170817160640j:image

 

今日は、みんな最終プレゼンの前日ということで朝からSJSにきて、作業に勤しんでいました。

 

 

11〜12時にはライフキャリアのトライアルを行い、

 

15時半から17時SJSで小イベントを開催しました!

 

f:id:keimaeno2:20170817160628j:image

 

 

f:id:keimaeno2:20170817160706j:image

 

 

 f:id:keimaeno2:20170817160640j:image

 

またそれと同時に学校の前で縁日を開催し、集客を集めます。

 

f:id:keimaeno2:20170817162737j:imagef:id:keimaeno2:20170817162733j:image

 

それもあり、イベントに集まった人数は10人を超えていました。

突然賑やかになり、習字、お茶、漫画などを提供していました。

 

またいいなと思ったのは、ジェンガとウノをやっていて、それに対して、自分の手の色と数字を言っていたり、ジェンガの色を言いながら、やっているのが学びになっていていいなと思った。

 

次のトライアルでやってみようと思った。

 

夜は授業。2課の範囲。

 

 

こちらで旅の情報を発信しています。

QUEST – 〜探求の旅〜

8/15 日記 #14

9:15に大学のファシリテータールームにて、大吾さんの子供たちの勉強のお世話。

 

子供2人が大吾さんに怒られる、アクシデントが発生したものの、そうくんはなんとか宿題を終わらせた。

 

11時過ぎに抜け、SJSへ。

1階でライフキャリアセンターのメンバーが、トライアルをやっている。会話も参加。

 

2階で単語カード、スライドの準備を推し進める。

随時、質問を聞いたり、武者生たちとおしゃべりをしたりする。

 

12時過ぎにバインミーを買いに行った。

 

午後も引き続き、授業準備。

 

またコンテンツの修正を考え、漢字の導入を実施。

 

漢字が1000字載っている教材を見つけたので、それから1ページずつ、1日7字宿題として出題し、次回小テストを行うことにする。

 

15:30〜17:00にかけて、隣の小部屋で小イベントを行なっている。

 

f:id:keimaeno2:20170816101559j:image[uploading:943E0A7D-2388-4E8D-9506-74BE4AE96EE2/L0/001]

 えいが

8/14 日記 #13

今日は6時に起きて、バインミーを食べ、

f:id:keimaeno2:20170814231422j:image

 

 

少し昨日のことでイライラしたことがあったので、それを仕事仲間に愚痴ったあと、学校でスライドを作る作業。

 

武者修行生がいる中で、なるべく作業し、質問に答えたりした。

みんな企画が大詰めに入ってきているようだ。

 

 

夜の授業は、23課の会話

だが、難しいのか、なかなか進んで行かなかった。

 

問題が余計に難しくなっていることを感じた。

 

ケバブを食べて帰宅し、作業の続きをした。

 

 

 

こちらで旅の情報を発信しています。

 

QUEST – 〜探求の旅〜